MENU

彼氏彼女それぞれの悩みとは

出会いがない社会人が彼女を作る方法

 

恋愛とは何度やっても初めての悩みに直面するものです。

 

30歳を過ぎた恋愛も、片思いの相手を思って夜も眠れないようなときは、学生時代の初恋のときから何も変わっていないような気がするものです。付き合い始めてもそれは同じです。

 

なぜいくつになっても、何度恋愛を経験しても、恋愛中の悩みは尽きないのでしょうか。彼氏彼女の気持ちがわからない、そんな風に悩んでいるのは若者だけではないのです。

 

しかし彼氏彼女それぞれの考え方がわかりすぎてしまったらそれはそれでつまらないものかもしれません。過去の恋愛を教訓にして、次に生かすということは恋愛においてはあまり効果がないのではないでしょうか。

 

その答えは、あまり効果があるとはいえないでしょう。

 

なぜなら相手が違うからです。たとえば、異性の友達と二人でいるところを見られて怒りを買ってしまったときに、昔の彼氏彼女のときに正直に話さなかったことで余計に喧嘩したという経験があるなら、今回の相手には正直に話してみるでしょう。

 

しかし、今回の相手は正直に話すことで余計に怒りが増幅してしまう場合があります。

 

今回の相手の場合は、シラを切りとおしてくれるほうが嬉しかったという場合があるのです。

 

同じ彼氏彼女の関係でも、相手が変わればその関係性も変わります。恋人とひとことで言ってもまったく違うものになるのです。いつも一緒にいることを望む人もいるでしょうし、お互いに一人の時間を大事にし尊重することが最高の愛情だと考える人もいます。

 

人はそれぞれ価値観が違いますから、付き合う相手によって彼氏彼女それぞれの悩みも変わってきます。悩みが変われば対処方法も変わってくるのです。

 

対処方法を探るときに、過去の恋愛に基づいて対処するのはあまり得策とはいえません。しかも、前はこうだったから今回はこうしよう、という考えが相手にバレてしまったら、さらに大変なことになるでしょう。

 

彼氏彼女の昔の恋人についてはあまりよく思わないものです。相手と比べられていると感じて、なおさら怒りをかうだけです。自分はあなたの前の恋人とは違う、そう相手が思っているのですから、過去の恋愛を参考にするのは間違っているのです。

 

では、彼氏彼女の悩みに対処する最善の方法とは何なのでしょうか。それはやはり、相手は一人の人間であるということを忘れずに、きちんと最後まで話を聞くとか、感情的にならないなど、恋愛以前の人間としてどう接するかという基本的なところを忘れないことなのです。